読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE overALLS drive

オレンジのつなぎを着た自転車乗りのブログ

JBCF#8 栂池高原ヒルクライム

土曜の朝から出発。去年はボッチ参戦だったので実家から行ったけど、今回は佐々さんとゆーひが一緒なので会場近くに前泊しようかと。
ナビを見ると長野ICで降りていたので、久々の第二の故郷。昼ごろ到着予定だったのでお昼何処にしようか考えたときに、300円定食の「よしのや」か、4人前パスタの「洋麺亭」がぱっと出てきた。
どっちにしようか二人に聞くと「カーボローディングやっほい♪」とのこと。というわけで洋麺亭川中島店へ。大学の近くなので若里店にはよく行っていたが、こっちは初。しかし特筆するところはなし。
パスタのサイズがS,M,Lと選べてそれぞれ150,300,500g。トマト系、クリーム系・・・と分けられているので、何人かで行ったときはみんなバラバラにするというのが暗黙のルール。
迷わずLサイズを注文し、店員の「4人前ですがよろしいですか(食えんのかこの野郎)」という決まり文句に力強く返事。
出てきたのがこれ。

f:id:orangeoveralls:20150606112829j:plain

自分はポテトベーコンのクリーム、ゆーひは味噌風味の何か。佐々さんはトマト系のぺ・・・何とか。
自分は量に驚きはしないけど二人は500gがゆで後だと思っていたようなので量に驚いていた。乾麺で500gはゆで後でおよそ1.2kgあるそうです(乾麺g×2.4)。

f:id:orangeoveralls:20150606112714j:plain

イイ笑顔だ(注:ヒルクライムレース前日)
さて食べだすとこれがまた旨い。1/4食べたところで皿を回して食べ比べ。佐々さんのぺス・・・何とかはあっさりしていて食べやすい。ゆーひのはおいしいんだけど飽きるのが早そうだ。静かに両手を合わせる。
自分のはクリームなのでおいしいんだけど重たい。半分食べたところで「そういえば俺大学時代にLサイズ完食したことあったっけ」と記憶を探すが、重いあたる節がない。アー麺。
しかし"出されたものはすべて食う"という家訓の元、意識が飛びながらもなんとか完食。会場に行くまでのみんなのつらそうな呼吸と言ったら!
会場に到着し試走の準備。イナーメ佐藤さんも栂池初とのことで一緒に試走。走り出して気づく、左脇太ももの痛みと右ふくらはぎの痛み。ダンシングすると楽なのでごまかすけど痛みに耐えられなくなって途中で折り返す。
落車したところが痛かったので平日まったく乗らないといつもこうなる。ローラーで軽く回すだけでも違うのだろうけど。あと筋膜リリースもサボったからだ。
試走終了後ポールさんとケイトさんと合流し、部長の案内で温泉部部活動。小谷村の奥地、雨飾山を登る。ただでさえ少ない民家が消え、崩落している道にビビりながら、到着したのは雨飾高原露天風呂。

f:id:orangeoveralls:20150606181808j:plain

何このイケメン写真。
ポールさんたちの泊まる宿が管理しているようだが、源泉100%の天然温泉。湯加減もちょうどよく、脱衣所から風呂に行くところが女風呂との分岐点から見えてしまうくらい開放的。
今の時期もよかったが、紅葉の時期はもっときれいだろう。さすが部長、右に出るものはいません。

f:id:orangeoveralls:20150606182009j:plain

部長と別れて登った道を下る。途中で道にチェーンが張られていて(行きはなかった)、締め出されたのかと思った。夜間は登れないのだろう。
今回の宿は例のごとくゲストハウス。「梢の雪」さんは築130年の古民家。お出迎えは"ぐっさん"さん"アイン"君。速攻でマーキングされる。

僕たちの到着後、ゲストさんみんなで鍋を作る。と言っても自分がやったのはこんにゃくを千切るという作業だけ。

f:id:orangeoveralls:20150606192717j:plain

米は宿で取れたものだそう。しっかりとした歯ごたえ。
雪の影響で野菜類が採れるのはもうちょっと先の話。鍋を囲炉裏に吊るしてみんなで鍋をつつく。

f:id:orangeoveralls:20150606204556j:plain

東京から、松本から、いろんなところから来てる人の別のお仕事の話を聞くのは非常に楽しい。
久々にビールをいただいたけど、こんなにおいしかったのかと感嘆。第三のビールも捨てたもんじゃない。
ご飯の後はみんなで皿洗い。洗い係→すすぎ係→拭き係→しまい係(中継込×2)。終わった後はみんなで外に出て星を見る。街灯がないのもあって村全体が真っ暗。
「星がうじゃうじゃいる」とうあまりいい表現ではない一言に釣られて出てみたけど、なるほど、うじゃじゃいるわ。アインが俺の足をやたら舐めてきて鬱陶しかった。
次の日の朝は薪割りを披露しようかと思ったけど、割る薪がなかったので断念→次回。
朝ごはんをぐっさんさんが作ってくれて、三人で食べる。食後のコーヒーは二階の縁側で。

f:id:orangeoveralls:20150607065841j:plain

いい天気だ。
陽もあたって、やる気がどんどん削がれていく。ゆーひだけはその毒牙に食われてないようで、「ゆーひ自走で行ってこいよ」と佐々さんと自分は完全にOFF。何しに来たんだ。この時のグダグダ感をぐっさんさんに書かれていた。 

goodsun.blog.jp

重い腰を上げて宿を後に。対岸を走ってるとまだ手を振ってくれている。また来たいと思える宿でした。草餅に釣られるアイン可愛すぎるぜ・・・。

f:id:orangeoveralls:20150607072039j:plain

とうっ!

f:id:orangeoveralls:20150607072033j:plain

次回は畑、やりたいな。
~fin~

・・・じゃなくてレースだ。昨年は無謀にも後ろ11-23で突っ込んだレース(気づかなかった)。
今年は時間に余裕もあり、アップしようとローラーを回すもまた足が痛む。やめてスタート位置に降りる。
既に多くの選手が並んでいる。このレースはマスドスタートで登りからなので最初の位置が肝心。
後ろの方で号砲を聞く。ダンシングで一気に前に上がり、先頭まで出れたのでとりあえずカメラにピースサイン。
そこからは無理をせず、旅館街に入る下りの手前で先頭集団のケツにつくように調整。ここまでは予定通り。
ここからはついていけないことは明白なのでメーターを見て走る。300wを維持しようとするけどなんか踏めない。
勾配がゆるくなると面白いぐらい踏める。きつくなると失速、の繰り返し。
後ろの選手にバンバン抜かれ、自分の登りのセンスのなさに泣けてくる。平坦もしくは勾配がゆるくなることをずーっと考えていてメンタルが弱すぎる。
最終的に去年より2分縮めてゴール。45位という不甲斐なさ。

f:id:orangeoveralls:20150608231205p:plain

Time:55m40s

Avg Power 298w

Avg Cad 87rpm

この結果により僕らのススキn・・・北海道行きは絶望的に。ゴンドラからの景色は最高だった。去年も思ったけど、これを見れただけで来た甲斐がある。

f:id:orangeoveralls:20150607103631j:plain

 
帰りはそこまで渋滞にもあわずに、千葉に帰ってきたのは17:30。佐々さんとフリーダムで洗車をしてから、佐々家にお呼ばれ。
夕食をごちそうになりました。アスリート食。

f:id:orangeoveralls:20150607194041j:plain

これを佐々さんは毎日食べてるそうです。ストイックだ。とても参考になりました。ご馳走様でした!

今週末にあるMt.富士ヒルクライムも勝つ気でいたけど黄色信号。あと五日で何ができるのか・・・。コバリンジャージで出ます!