読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE overALLS drive

オレンジのつなぎを着た自転車乗りのブログ

タイへ

仕事は定時で終わるので、すぐに醍醐にピックアップしてもらって成田空港へ。
1900発のフライトで2時間前までにチェックインしなければと思っていたのでギリギリ。
結局30分でついて受付へ。余裕でした。醍醐ありがとう!
まずは成田からベトナム航空でホーチーミン国際空港へ。
荷物預かり20kgまでだと思っていたので、前日のうちにフリーダムでSCICONにいろいろ入れてみて20kg以下に。

f:id:orangeoveralls:20141229101047p:plain


ゼリーを入れたかったけど断念。羊羹は持ち込み手荷物で持っていくことに。羊羹は2.5kgもありました。どないや
しかし・・・自転車はどうあがいても別料金とのことorz
乗り継ぎでバンコクまで行く分も含めて300ドル。日本円には・・・考えない考えない。
というわけでバックパック一個じゃなくてもよかった。ぜりー持って行けた。凹む。
確実に今回は荷物不足に陥るぞ。向こうでいろいろ買えたらいいんだが・・・
空港で最後の食事。花月のラーメン。いつもは行かないけど名残惜しくて大盛りに。
チェックインを済ませ出国審査へ。別に悪いことしてないのに緊張する。担当の人が無表情なのが拍車をかける。
もっとかわいい子(←ココダイジ)がニコッと笑って「いってらっしゃい!」と言ってくれればいいのに、めざましテレビみたいに。
ベトナム航空さんよろしくです。
いつもより長い助走で「あ、やばいかも」と死期を悟るも無事に飛ぶ。人生最後で花月はやだな。せめてピザポテトを用意したい。
シートベルト着用サインが消えると何人かの乗客が前の空いている席へ。席三つを一人で使う自由さ。
しばらくすると夕食のサービス。ちょ・・・さっきラーメン大盛り食っ・・・うぇすたんすたいるプリーズ!

じゃぱにーずすたいるは牛の味噌カツ。でも今日は社食のB定が味噌チキンカツ丼だったのでパス。デザートが紅葉まんじゅうだったのでちょっと後悔。

ホーチミン国際空港についたのが現地時間0時ごろ。日本との時差は2時間なので2時。とんだ夜更かし。
乗り継ぎ手続きをして寝床探してウロウロ。深夜に出る便があるので一番奥の深夜使ってない出発口まで行って就寝。
空調が効いていたけど若干暑かったので半袖半パンに着替える。自転車乗りは周りを気にしない(察して)
さすがに館内放送は聞こえてしまうので寝たり起きたりを繰り返してちゃんと起きたのは5時ごろ。
飛行機の出発が7:45だったので日本で買った天然酵母パンを食べる。これをドラックストアで見つけた時の喜びようといったら!
食事は安心して食べられるのが一番。
また再びのベトナム航空バンコクスワンナプーム国際空港へ。
朝ごはんはハム×3のサラミ×2、に加えてサラダの中にも切ったハムが。ハム推し。
なんかよくわかんない果物もともに。
スワンナプーム国際空港に到着して荷物を受け取りに。二日ぶりの相棒との再会。
チェンライに行く予定していた便は13時ごろ発だったんだけども、何日か前に欠航になってしまい、代替便は1730発。時間があるのでバンコク市内まで羽を伸ばすことに。
まずは空港で自転車を預ける。1日100バーツ。
エアポートラインでパヤータイへ。丸いチップをかざして通過するタイプ。
隣の列の外国の方がかざすのが分からなかったらしく首をかしげている横をSuicaで鍛えた自分が颯爽と行く、予定がセンサーの反応悪くて突っかかる。ダサい。
駅で無料のSIMカードを配ってました。
BTSに乗り換えてサイアムへ。サイアムバラゴンで母ちゃんに頼まれていたタイシルクを購入。好きな色で迷って「ハイクオリティなやつをプリーズ」って言ったら選んでくれた。
シムフリーな携帯を買おうと携帯ショップへ。伝わらない英語で何とか購入。
チャージは別の通信会社がやるようで、下の階に降りろと命じられ通信会社に行って200バーツ分チャージ。美人のおねいさんなのに髭が気になる。
来た道を戻って自転車を受け取り空港へ。タイの電車には自転車そのままOKのようだ。周りの迷惑そうな視線は日本と変わらずか。
空港でチェックインし(ギリギリ20kg納めた)飛び立つ。バンコクエアウェイズ。機内食はパスタとパンと簡易。
飛行機の到着が遅れ、タクシーで迎えに来てくれていた方をかなり待たせてしまった。
到着するとみんながズラッと並び、「ようこそ!ナーソンヘ!」と手厚い歓迎。ありがとうございます・・・。
ご飯を残してくれていたようでみんなに見守られながら食事。食いづらい・・・。
ゲストハウス風の小さい家にユキと二人。シャワーのお湯の出し方が分からないので水で洗う。
とにもかくにも無事に着きました。