読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE overALLS drive

オレンジのつなぎを着た自転車乗りのブログ

大分ロードレース&クリテリウム

大分ロードレース&クリテリウム 
11/1前夜祭 
16:30到着予定だったものをちょいと遅れて17時10分前に大分ホルトホールに到着。 
最近何でもかんでも「イナーメタイム」という言い訳を使ってしまっているが、ふと気づくとそれって人としてどうなの?と考えて、結局「急がば回れですよ」と片付ける。 
チームプレゼンテーションをやると聞いた時に、この大会における大分の熱意を感じていて必ず出なければと思っていたので間に合って良かった。 
控え室でチームに合流。今回は安井さんが風邪でダウンしたので、ユキ、ポールさん、皿さん、ノリヘイさん、ゲンタの六人。 
イナーメの出番になり壇上に上がる。宇都宮ほどは観客はいなかったけど拍手で迎えてくれました。 
今回は宇都宮や美浜の結果からすると皿さんかゲンタにインタビューだな~と、ボーっとしているとマイクを渡され意気込みを、と言われる。 
正直夜の温泉のことで頭がいっぱいだったのでテンパリながらも「美浜も調子良かったですし今週は木曜日練習したのでホニャホニャ」というと監督に「練習したの?珍しい!」と言われた。来年は練習しないキャラを脱却せねばと心に誓う。 
その後マイクを渡された監督はやはりトークが上手く、最後は恒例になりつつある「山形村で獲れた長いもの様に粘り強く走ります!」でした。さすが。僕もそれ言おうとしたんすよ。 

11/2大分サイクルロードレース 
大分銀行ドームに着いて、そういえばフリーダムでワイヤーとチェーンを変えてもらったので変速直さなきゃと思い、んーんー言いながらいじっているとゲンタが来て「やりますよ!」と言ってくれた。 
正直自分でやると妥協するのでお願いしました。おかげで変速ばっちり。いやー、いい後輩が入ってきたなぁ・・・。山Pといい、ちょいちょい助けてくれます。ありがとうございます! 
E1に出ていた高さんが帰ってきて「意外にコースやばいよ」と脅しをかけるもんだからビクビクしながらスタートを待つ。あれ?毎回高さんに脅されてないか? 
多くの観客に見守られながら一周のパレードがあったけど、すでに位置取りで殺伐とした空気に。落車が起きそうになったらしい。 
落車多発地点とバイクから示されたところは逆バンクになっている。折り返して登る登りは2分ぐらいでそこまで勾配もきつくない。コーナーが多く道が細いので抜きどころは登りぐらいかな。 
レースがスタートし一周目の登りでペースが上がる。すでに集団が分裂する。 
先頭についていくのはまだ余裕なので中盤を走っていると落車多発地点で前の選手が落車。そこからはスローで得意の前回り受身。 
自転車も体も無傷で第二集団に入って走り出す。一人で先頭を追い、途中で何人か拾ったけど、見える位置に先頭いるのにあともう一頑張りが足りず、第二集団に合流。 
少し休んでから先頭集団にゲンタがいるのを確認し、追いつくべく先頭交代に加わる。ユキとポールさんも懸命に曳いてくれて差はあまり開かなかったが縮まりもせず。 
ゲンタが前から落ちてきてなおさら曳かなければならなくなる。下りで一気に上げてローテーションをしてもらい、追う。 
最大2分40秒まで差が広がり(この時間が足きりタイムだったらしい。その次の周回で降ろされる予定だったそうな)、しかしそこを頭打ちにして徐々に縮まってきた。と言うのもUKYOの選手が本腰を入れて曳きだしたというのが大きい。 
狩野さんのペースアップに自分とゲンタが反応し、三人で追うことに。僕が足がなくてローテ回せなかったのであえなく吸収。その後狩野さんとゲンタ、MATRIX x2?が抜け出すもそのさらに前の集団が見え出したので後ろもモチベーションが上がって集団に追いつく。 
リーダージャージがいたけどロイックがいなかったので本命は前にいって、この集団はラスト勝負だな。と思っていたら安原さんがアタック。そのまま単独で逃げる。集団は追う気配がないし自分も追う足は残ってないので見送る。 
ラスト二周の登りで両足のふくらはぎと右足の太ももの内側に肉離れのような痛みが。思わず途中で足を止めて歯を食いしばる。

f:id:orangeoveralls:20141105002114j:plainこれ絶妙なショットやね

恐らく水分を摂っていなかったからだろう。落車したときにボトル一本落としていたくせにの飲む回数が少なかったからか。ボトルがなくなっていることに気づいたのは終盤だったし。 
最後のインカレロード以来の足の痛みの感覚。あの時はどうしたっけ?ああ気にせず踏んだんだっけなと思い出し、御堂筋君バリの「かまわんわチギれろ足!!」と踏んでみる。 
すると不思議なことに痛みが引いてく。でもふとしたタイミングで再発する兆候を感じたので無理はせず。 
最後の坂に入る折り返しでせめて少しでも前にと先頭で入り後ろがかけてくるのを待つ。 
ブリッツェンのアタックで動き出し、自分も乗ろうと踏むがまた痛みが再発し、そこも無理して踏む。応援が染みました。21位で完走。 
右足のふくらはぎが硬直し、戻らなくなり何度も攣りかける。ダウンするけど痛みが和らぐことはなく、監督にお願いして揉んでもらいました。

f:id:orangeoveralls:20141105002250j:plain

ほぼ全裸になったのはご愛嬌ということで・・・。 
そういえば山pから買い取った(まだ払ってないけど。会うタイミングがないだけです。悪質なアレじゃないよ)EVADEのお披露目でした。皆ぜんぜん気づかなかったそうです。ゲンタも僕のことをユキだと思っていたそうです。こらー! 

11/3大分クリテリウム 
前日にイヅちゃんに足をもんでもらい大分マシになったけど、足の痛みはとれず。晴れ予報だけど風が強くて寒い。のも手伝って朝からテンションが下がり目。 
皆の会話を聞きながら日向ぼっこ。帰りの温泉に思いを馳せる。 

f:id:orangeoveralls:20141105002347j:plain

大分マルシェも同時開催らしく、人がとても多い!きれいに晴れて気持ちのいいレース日和でした。 
「9」の時を描いていてブレーキポイントはヘアピンのみの高速コース。折り返し地点がゴール前200mなので白浜で勝った大久保さんの得意なコースだと感じた。 
予選は35/39なので無事通過。イナーメは落車で遅れたノリヘイさん以外が決勝へ。 
若干登ったり下ったりだけどほぼ平坦なのでうちのエースは皿さん。「大丈夫やろか・・・」と緊張しているのを見て、よし、いつも通りだ。とむしろ安心する。 
市民パレードまで時間が余っていたのでお昼寝タイム。起きたのはパレード開始10分前。やべ。 
急いで着替えてパレードへ。ツールみたくチームで肩を組んで沿道の声援に応える。きもちいいぃ~! 
市民で走っていたご夫婦が「中村選手ですか?ブログいつも読んでます!」と声をかけてくださいました。 
ネットが世界につながっているから当たり前のことなんだけど、大分で自分のことを知っている方がいることに単純に感動。 
こんなブログでもいろんな人が見てるんだなぁと感じると共に、そのご夫婦の財布は奥さんが握っているとかそういう下手なこと言えないなぁ・・・と。 
いつも応援ありがとうございます。これからも頑張ります。 
パレードが終わってレースに向けて準備。といっても軽く回しただけでコースが空いたらすぐコースイン。前にいないと確実に上がれないし結果的に早く行って良かった。 
またもや一周のパレードをしたけど位置取りで殺伐とした感じで観客に手を振る余裕もなく。スペインの選手が「これ何の意味があるの?」と言ってたらしい(ポールさん曰く) 
スタートしてすぐにブリッツェンのコントロールに入る。ブリ→UKYO→シマノのトレイン。その後ろはバラバラと。 
なるべく前に位置どるために外側を走り、ホームストレートで抜いてくる選手に合わせて前に前に。 
ゲンタは相変わらず位置取りが上手くて前にずっといる。自分は時々前に出て、まだ生き残ってるよアピールをする。 
ラスト10周ぐらいかな?ゲンタが隣に来て「皿さんいないから二人で行きましょう」と言うので上げて来るから待つように伝え、ちょっと下がり後ろを確認する。 
何人か後ろにいたのでそこまで下がって手で合図して後ろにつかせてホームストレートで一気に上げる。ゲンタのそばに行き、皿さん来た事を伝え「ゲンの方が位置取り上手いから前に入れ」と先輩権限。 
何周かすると監督から「二人でイケ!」と指示があったので、エースを自分にスイッチ。 

f:id:orangeoveralls:20141105002442j:plain

ゲンタが必死にポジションをキープしてくれてラスト二周。MATRIXラインが出てきて一気にペースが上がる。ゲンタがきつそうだ。頑張れ!と思いながら耐える。 
しかしラスト周回に入るところで切れてしまい、肘で合図を出したので前を埋めるべく本気で踏む。コーナーの途中で追いついた。ギリギリだ。長く空気を吐いて心拍を下げ、落ち着かせる。 
集団の最後尾について折り返し。大久保さんの必勝ルートをMATRIXが埋めているのが後ろから見てわかった。仕事を終えたUKYOとSHIMANOを抜いて集団最後尾からスプリント。 
MATRIXの選手に追いつけず、結果9位。平均時速は先頭で48.03km/h。僕はギリギリ47.99km/hだったのでそこに壁がある。 
自分のスプリントはいつもフルアウターに入れて変速とか考えないで踏みたいタイプなので、今回のような低速からのスプリントでは出し切れない。 
今後は高回転でのスプリントの練習が必要になる・・・ということはピストか!またヴェロドローム篭りだな。会員になったほうがいいなこれ。あとはスプリンタースイッ(略) 
出し切るまで走ってくれたゲンタとサポート応援してくださった皆さんに感謝です。 
しかし観客の応援がすごかった!是非来年も来たいですね。来年は湯布院! 
これで今シーズンのJBCFのレースは終了。シーズン途中から年間総合10位以内を目標に走っていましたが、届かず。結局13位でした。無念。 
シーズン最初は落車しまくりでご迷惑をおかけしましたが何とか走りきれました。監督をはじめ、皆さんのおかげです。ありがとうございました。 
今週末は沖縄です。沖縄そば何杯食えるかな?にっしー?