読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORANGE overALLS drive

オレンジのつなぎを着た自転車乗りのブログ

ツールド熊野 三日目 太地周回コース 100km

最終日のスタートは遅いので宿でゆっくり起床。 
朝飯は森本さんの分をまたもらう。食いすぎ?二日分の疲れ?何か気持ちわるい。 
スタート一時間くらい前に自走でスタート地点へ。あっつい。 
監督たちが先組でテントを張っていてくれた。椅子で仮眠。 
今日はパレードスタートでなく、最初から2km先のKOSを狙ってペースがかなり速いと聞いていたので3本ローラーでアップ。 
しかし暑くて体がだるいので脚を回す程度。 
いつも使っているWAVE ONEのジャージ。今まで気づかなかったけど撥水性がすごい高い。 
水を袖の内側からかけないと湿らせない。タオルを袖にかけてそのタオルを湿らすと水の消費を抑えられる。これはいい。 
首に氷を乗せてスタートまで待機。そのまま走ってもエアロ効果が期待できそう。しないけど。 

f:id:orangeoveralls:20140606193819j:plain

VIP待遇・・・。

今回補給はゼリーがメイン。熱いので固形を食う気にもならない。背中に三つ入れていく。 
スタートの前にちびっ子たちのストライダーレース。「よーい、スタート!」でドバイの選手もスタートしようとする。ドバイジョークか・・・ 
スタートのピストルと共に集団が長くなる。KOSの手前の(無駄な・・・おっと言わんとこう)コの字カーブによってほぼ一列。後ろのほうで入る。 
コーナーの立ち上がりでもがくことになり、さらにそのまま10%越えの坂に突入。 
聞いていたけど、これはきつい。でも逃げが決まり、登りのペースが遅くなって少し楽になった。 
登りきると住宅街。テクニカルではないが地味に登っていたりと、後ろのほうにいると集団の伸び縮みがしんどい。 
再度海沿いに出る手前の下り坂は道が悪く、C50が暴れる。GOKISOにしとけばよかったかなとちょっと後悔。 
10%越えの登りもあるのでどっちがよかったんだろうか・・・?はたして。 
逃げが早々にできたので補給区間もそこまで速くならず、しかも基本一番後ろなので毎周回、ボトルが取れた。合計六本とった。 

f:id:orangeoveralls:20140606193931j:plain

第一ステージでボトルを取ったときは腕がちぎれるかと思ったぐらいだから、それに比べたら。 
最後尾につけて残り二周。登りでペースアップが始まり、千切れる。ぐう 
市街地であきらめずにガストの選手と追う。途中で何人か拾って追うも、見えず。

f:id:orangeoveralls:20140606194152j:plain

お尻の「どっぷり」感。

ラスト一周の鐘を聞いて最後の登りへ。前に千切れて落ちてきた選手がいたのでキャッチすべく、一人ペースアップ。 
また市街地で新しい仲間を増やす。 
最後の最後で監督が車から「がんばれ!」と声をかけてくれたので嬉しくて集団の前を引く。 
下りで壁に突っ込みそうになって「調子に乗ったらアカン!」と後ろに下がる。 
スプリントすることなく無事にゴール。小さくガッツポーズ。 
ステージレースは三日走り切らないと順位がつかないので、三日分のプレッシャー開放の瞬間。 
ワンデーよりも達成感が違いますね。 
三日目38位 
総合25位(5分40秒差) 

片づけが完了して電車の時間が近づいてきたらしく、ポールさんが慌しい。 
C50を監督にお願いしてまこっちさんアルシスで駅へ。 
普通のスニーカーだったからポールさんに憑いていくのが本当につらかった。四日間で一番つらかった・・・! 
紀伊勝浦駅についたら次の電車まで1時間ほどあるとな。 
急ぐ必要なかった・・・! 
その後マグロ丼を食べて、お土産を買い、電車に乗る。 
車内販売でチップスターを買って食べる。「ジャンクフードうまぁ!」と不摂生。 
0時過ぎに帰還。死んだように眠り、次の日の仕事へ。 

四日間にわたりサポートして下さった、監督、多田さん、マミコさん。本当にお世話になりました。 
申し訳ない気持ちと、頑張らなければという気持ちでいっぱいでした。完走できて本当に良かった・・・! 
また、志半ばでリタイアとなってしまったチームメイトの皆さんにもサポートしていただき、初参戦にもかかわらず、完走ができました。

あとイズちゃん写真有難う! 

今回完走できたことは(というか落車無しで走りきったことは)自分の中で大きな自信になりました。 
今週末の栂池ヒルクライムで北海道行きが決まります。ラストスパート。頑張ります。